厳選! ペットのおくすり

エナラプリル(Enapril)2.5mg
0

    エナラプリル(Enapril)2.5mg



    エナプリルは、有効成分のエナラプリルマレイン酸塩を含有する降圧薬です。エナラプリルマレイン酸塩は、血行動態を改善し心不全の悪循環を断ち切ることで、心不全による様々な臨床症状を改善します。

    エナプリルは、末梢の血管を拡げて、血圧を降下させる薬です。

    血管を収縮させる物質であるアンジオテンシン兇鮴言するアンジオテンシン変換酵素の働きを抑えることで、アンジオテンシン兇了裟犬鰺淦して、末梢の血管を拡張します。咳や呼吸困難、運動不耐性、食欲不振、活動性の低下等の臨床症状を改善し、高い延命効果を発揮します。エナラプリルマレイン酸塩は、世界各国の臨床現場で使用され、すぐれた有効性と安全性が特徴です。

    エナラプリル(Enapril)2.5mg

    | | 【犬猫兼用】心疾患・腎疾患・神経疾患 | 18:28 | comments(0) | - |
    アシドユリン(Acidurin)100mg
    0

      アシドユリン(Acidurin)100mg



      アシドユリンは、有効成分の塩化アンモニウムを含有する尿pH調整剤です。

      アンモニウムイオンは主として肝臓で尿素およびアミノ酸に合成され、このとき水素イオンを発生します。水素イオンを補給することで、アルカリ性に傾きすぎてしまった状態である代謝性アルカローシスを是正します。

      塩化アンモニウムは尿を酸性化するため、酸性条件で溶解するストラバイト(ストルバイト)結石の治療にも有効です。

      アシドユリン(Acidurin)100mg



      犬・猫:尿の酸性化


      | | 【犬猫兼用】心疾患・腎疾患・神経疾患 | 18:24 | comments(0) | - |
      チバセンジェネリック(Benazepril)10mg
      0

        チバセンジェネリック(Benazepril)10mg



        チバセンジェネリックは、有効成分のベナゼプリルを含有する血管拡張薬です。ベナゼプリルは、動物用医薬品・フォルテコール錠と同一の有効成分です。

        チバセンジェネリックに含有されている有効成分・ベナゼプリルは、末梢の血管を拡げて血圧を下げる薬です。血管を収縮させる物質であるアンジオテンシン兇鮴言するアンジオテンシン変換酵素(ACE)の働きを阻害します。アンジオテンシン兇了裟犬鰺泙┐襪海箸砲茲蝓∨梢の血管を拡げて、心臓の負荷を軽減させます。また、輸出細動脈を拡張することで、腎糸球体内圧を下げて、尿たんぱくの漏出を抑えます。

        ベナゼプリルは、犬の僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全の症状の改善や、猫の慢性腎不全における尿蛋白の漏出抑制をするアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害剤です。

        チバセンジェネリック(Benazepril)10mg

        | | 【犬猫兼用】心疾患・腎疾患・神経疾患 | 18:14 | comments(0) | - |
        フォルテコール(Fortekor)5mg[犬猫兼用]
        0

          フォルテコール(Fortekor)5mg[犬猫兼用]



          フォルテコールは、犬・猫用の心不全・腎臓病の薬です。有効成分のベナゼプリル塩酸塩を含有しています。

          フォルテコールの有効成分であるベナゼプリル塩酸塩は、血管を収縮させている物質(アンジオテンシン供砲鮴言する酵素(アンジオテンシン変換酵素)の働きを抑えて、アンジオテンシン兇了裟犬鰺泙┐襪海箸如∨梢の血管を拡げます。心臓の働きを助けたり、尿中にタンパクが漏れ出すのを防ぎ腎臓を保護したりします。

          特殊なコーティング技術を応用しているフォルテコールは、口の中で溶けずに胃の中で溶けるため、苦味を感じないのが特徴です。

          フォルテコール(Fortekor)5mg[犬猫兼用]

          | | 【犬猫兼用】心疾患・腎疾患・神経疾患 | 18:08 | comments(0) | - |
          アタカンド(Atacand)8mg
          0

            アタカンド(Atacand)8mg



            アタカンドは、有効成分のカンデサルタン シレキセチルを含有した持続性アンジオテンシン脅容体拮抗剤です。血圧降下作用を有し、僧帽弁閉鎖不全症の治療に用いられます。

            アタカンドは、末梢の血管を拡げて、心臓の働きを助ける薬です。

            アタカンドの有効成分であるカンデサルタン シレキセチルは、血管を収縮させる物質(アンジオテンシン供砲、血管の特定部位に結びつくのを防ぎます。血管収縮を抑えて末梢の血管を拡げ、血圧を降下させることによって、心臓への負担を軽減します。

            アタカンド(Atacand)8mg




            アタカンド(Atacand)4mg



            高血圧症に用いられる降圧剤ブロプレスと同成分カンデサルタン シレキセチル錠です。
            犬猫兼用となります。
            副作用が少なく、長期服用に向いています。

            血管を拡張させ水分や塩分を調整し、血圧を下げる効果が期待されます。
            また、心臓病や腎臓病などにも有効であると考えられています。

            アタカンド(Atacand)4mg


            副作用が少ないので安心♪ワンちゃんネコちゃんの血圧コントロールに


            【愛は盲目。一人娘を“猫っかわいがり”の日々】
            子供のいない私たち夫婦にとって、飼い猫のまる(雌)は
            目の中に入れても痛くない、本当の娘のような存在です。

            生後7ヶ月の時に引き取ってからずっと
            「かわいいねぇ」「美人だねぇ」とほめ続け、
            おやつをねだられたらいつでもあげて、
            人間のご飯のときも、おすそ分け。

            動物病院で、お医者様に「太り気味ですね」といわれていても、
            避妊手術を受けたら太りやすくなるというし、
            「少しぐらい丸い方がかわいいし、大丈夫♪」なんて、
            主人も私ものんきに構えていました。


            【適正体重を超オーバー!そしてまさかの高血圧】
            しかし先日、年に1回のワクチン接種で病院を訪れた際、
            お医者様がまるを見るなり一言。

            「太り過ぎです」

            太り“気味”ではなく、太り“過ぎ”。
            見た目だけではなく、診察台に乗せて計ってみると、
            体重は適正数値よりも大きくオーバー。
            そして、血圧も大分高いことが判明しました。

            人間ではよく聞く高血圧。
            まさか、猫にも起こるなんて知らなかったんです。

            考えてみれば当たり前ですよね。
            親の欲目で見逃していたけれど、我に返ると確かにうちの子は、ヘチマのような下半身。
            寝そべる姿は上から見ると四角形…。

            飼い主である自分たちが食事も運動も気をつけてあげなきゃいけなかったのにと、
            無知な自分を深く反省しました。


            【アタカンドで血圧安定。いつまでも一緒にいようね】
            高血圧は、放っておくと失明や命に関わる心臓病・腎臓病のリスクもある怖い症状。
            お医者様と相談し、体重減少と血圧降下のため、
            運動と食事療法に加えてお薬を飲むことに。

            いつもお世話になっているうさパラさんのサイトで
            先生からも薦められたアタカンドを発見し、早速注文しました。

            明らかに減った食べ物とおやつの量に、まるはミャーミャーと不満げに鳴いていますが、
            心を鬼にしてあげたい誘惑をぐっと我慢です。
            その甲斐あって、心なしかシュッとなったような(笑)

            あれ以来、定期的に動物病院で診てもらっていますが、
            血圧も大分落ち着いてきているようです。

            副作用も今のところ見られず、継続が必要な薬なので大助かり。
            家族3人、長く笑顔で暮らしていけるよう、引き続き一緒に頑張っていきます。


            アタカンド(Atacand)8mg



            アタカンドは、有効成分のカンデサルタン シレキセチルを含有した持続性アンジオテンシン脅容体拮抗剤です。血圧降下作用を有し、僧帽弁閉鎖不全症の治療に用いられます。

            アタカンドは、末梢の血管を拡げて、心臓の働きを助ける薬です。

            アタカンドの有効成分であるカンデサルタン シレキセチルは、血管を収縮させる物質(アンジオテンシン供砲、血管の特定部位に結びつくのを防ぎます。血管収縮を抑えて末梢の血管を拡げ、血圧を降下させることによって、心臓への負担を軽減します。

            アタカンド(Atacand)8mg

            | | 【犬猫兼用】心疾患・腎疾患・神経疾患 | 13:23 | comments(0) | - |
            トラセミド(Torpres)
            0
              Torpres(トルプレス)は、ルプラック錠と同じ有効成分のトラセミドを含有する利尿薬です。

              Torpres(トルプレス)の有効成分であるトラセミドは、腎臓の尿細管でナトリウムが取り込まれるのを抑えて、ナトリウムを水分とともに尿として出します。体内のナトリウムの量を減少させることで、血管内を循環する血液量を減らして、心臓への負荷を軽減します。

              類似薬のフロセミド(ラシックス錠)と比べて、およそ10倍効果が強いのが特徴です。


              トラセミド10mg(Torpres)



              トラセミド10mg(Torpres)



              トラセミド20mg(Torpres)



              トラセミド20mg(Torpres)



              トラセミド40mg(Torpres)



              トラセミド40mg(Torpres)



              トラセミド10mg(Torpres) 【1箱100錠】


              トラセミド20mg(Torpres) 【1箱100錠】


              トラセミド40mg(Torpres) 【1箱100錠】


              犬・猫の慢性心不全


              | | 【犬猫兼用】心疾患・腎疾患・神経疾患 | 13:15 | comments(0) | - |
              アナフラニールジェネリック(Obsenil)10mg
              0



                Clofranil(クロフラニル)は犬の分離不安、猫の不安症治療のお薬です。

                飼い主から引き離されると、過度な不安やストレスによって過剰な吠え、不適切な排泄、破壊行動をとったり、飼い主への過剰な愛着(在宅時の後追いなど)を示す犬がいますが、これらは分離不安症と呼ばれています。分離性不安の犬は脳内のセロトニンの作用が減弱しているため、Clofranil(クロフラニル)で脳内セロトニン作用を高めることで、不安を軽減させると考えられています。

                分離不安症を治療するには、行動療法と薬物療法の2つを行うことが薦められています。

                行動療法
                飼い主への過度の依存心を軽減し、犬の不安やストレスを減少させることを目的に行われます。飼い主との適切な関係を構築し、犬を精神的に自立させます。

                薬物療法
                あくまでも行動療法の補助として行われます。Clofranil(クロフラニル)は、行動療法との併用による治療効果をより早く、効果的にすることを目的としています。

                Clofranil(クロフラニル)は脳内のセロトニンの作用を高めることにより、不安を取り除きます。それによって、学習能力を低下させずに行動療法を受けやすくします。

                また、猫については不安症(尿スプレー、過剰グルーミング、過剰な鳴き)の治療の補助としてClofranil(クロフラニル)が使われています。

                アナフラニールジェネリック(Obsenil)10mg

                | | 【犬猫兼用】メンタルヘルス | 13:08 | comments(0) | - |
                クロミカルム(Clomicalm)5mg
                0

                  クロミカルム(Clomicalm)5mg



                  クロミカルムは犬の分離不安症、猫の不安症治療のお薬です。有効成分のクロミプラミン塩酸塩を含有しています。

                  飼い主から引き離されると、過度な不安やストレスによって過剰な吠え、不適切な排泄、破壊行動をとったり、飼い主への過剰な愛着(在宅時の後追いなど)を示す犬がいますが、これらは分離不安症と呼ばれています。分離不安症の犬は脳内のセロトニンの作用が減弱しているため、クロミプラミン塩酸塩で脳内セロトニン作用を高めることで、不安を軽減させると考えられています。

                  分離不安症を治療するには、行動療法と薬物療法の2つを行うことが薦められています。

                  行動療法
                  飼い主への過度の依存心を軽減し、犬の不安やストレスを減少させることを目的に行われます。飼い主との適切な関係を構築し、犬を精神的に自立させます。

                  薬物療法
                  あくまでも行動療法の補助として行われます。分離不安治療補助剤として承認されているクロミカルムを使用して、行動療法との併用による治療効果をより早く、効果的にすることを目的としています。

                  クロミプラミン塩酸塩は脳内のセロトニンの作用を高めることにより、不安を取り除きます。それによって、学習能力を低下させずに行動療法を受けやすくします。

                  また、猫については不安症(尿スプレー、過剰グルーミング、過剰な鳴き)の治療の補助としてクロミプラミン塩酸塩が使われています。

                  クロミカルム(Clomicalm)5mg

                  | | 【犬猫兼用】メンタルヘルス | 13:05 | comments(0) | - |
                  アナフラニールジェネリック(Clofranil)50mg
                  0

                    アナフラニールジェネリック(Clofranil)50mg



                    Clofranilは犬の分離不安症、猫の不安症治療のお薬です。クロミカルム錠と同じ有効成分のクロミプラミン塩酸塩を含有しています。

                    飼い主から引き離されると、過度な不安やストレスによって過剰な吠え、不適切な排泄、破壊行動をとったり、飼い主への過剰な愛着(在宅時の後追いなど)を示す犬がいますが、これらは分離不安症と呼ばれています。分離不安症の犬は脳内のセロトニンの作用が減弱しているため、クロミプラミン塩酸塩で脳内セロトニン作用を高めることで、不安を軽減させると考えられています。

                    分離不安症を治療するには、行動療法と薬物療法の2つを行うことが薦められています。

                    行動療法
                    飼い主への過度の依存心を軽減し、犬の不安やストレスを減少させることを目的に行われます。飼い主との適切な関係を構築し、犬を精神的に自立させます。

                    薬物療法
                    あくまでも行動療法の補助として行われます。分離不安治療補助剤として承認されているクロミプラミン塩酸塩を使用して、行動療法との併用による治療効果をより早く、効果的にすることを目的としています。

                    クロミプラミン塩酸塩は脳内のセロトニンの作用を高めることにより、不安を取り除きます。それによって、学習能力を低下させずに行動療法を受けやすくします。

                    また、猫については不安症(尿スプレー、過剰グルーミング、過剰な鳴き)の治療の補助としてクロミプラミン塩酸塩が使われています。

                    アナフラニールジェネリック(Clofranil)50mg

                    | | 【犬猫兼用】メンタルヘルス | 12:59 | comments(0) | - |
                    バッチレスキューレメディペット(Rescue Remedy)
                    0

                      バッチレスキューレメディペット(Rescue Remedy)



                      バッチレスキューレメディペットは、ペット用のバッチフラワーレメディです。

                      バッチフラワーレメディーは、1930年代に英国の医師エドワード・バッチ博士によって開発された自然療法として有名です。思想的にホメオパシーの流れを汲んでいます。人だけでなく、動物にもその療法は利用されています。

                      車、病院、雷などの恐怖を和らげたり、緊張やパニック、事故後のショック状態にある犬、猫、ウサギなどのペットに使用されています。

                      バッチレスキューレメディペットは、生活のあらゆるシーンにおいて、ペットをリラックスさせたいときに使用することができます。トリミングサロンや病院などに行く前に使用することで、緊張を和らげることも期待できます。

                      バッチフラワーには、副作用や中毒性が無いとされていることもポイントです。成分は天然の花や草木から抽出されたもので、世界60カ国以上で愛用されている商品です。

                      バッチレスキューレメディペット(Rescue Remedy)

                      | | 【犬猫兼用】メンタルヘルス | 12:56 | comments(0) | - |

                      一番上へ